特色的なダイエット食品
ホーム > 便秘 > 便秘が気になって思う存分水着になんてなれない

便秘が気になって思う存分水着になんてなれない

プール開きのニュースがテレビや新聞で見られるようになってきました。バシャバシャと水をかけあったり、小学生は無邪気でいいですよね。特に低学年なんて水遊びの延長のようなものです。学年が上がるにつれて、何メートル泳がなきゃいけないとか、自己流じゃなくてきちんとした形の泳ぎ方だとか、決められたことをやらなきゃいけなくなって、だんだん楽しくなくなってくるんですよね。今の子はみんなスイミングやってるから、泳ぐのが苦手でプールが嫌だとか、そういうのは無いかもしれませんが。スイミングは学校でも将来でも役に立つし、早くからさせる習い事にいいかもしれません。丈夫になるとも聞いたことがあります。

 

便秘を気にするとできないことが

 

ただ、泳げても体のラインを見せるのが嫌だとか、お腹が出ているだとかで自ら泳ぐ機会を減らしてしまうんですけどね。普段は大丈夫でも、便秘のときはぽっこりしているという場合もありますし。遊びに行くとなると、なんだかいつもと違って、そういう時に限って便秘になったりするものですしね。リスクは避けたいという思いが水着NGを選んでしまったりします。だってもし水に濡れて冷えたせいで、とか、動いたせいで、とかでお腹の活動が活発になっても困りますからね。